不動産相続・遺産相続などでお困りの皆様へ、専門士業の先生を探せる無料のサービスサイト「不動産相続手続 遺産相続のサムライ業ナビ」

株式会社キーパーズESP

今すぐ無料相談0120−361-450

遺言書等の手続きでお困りの皆様へ、専門士業の先生方が的確なアドバイスをお届けします。

サムライ(士)からのワンポイントアドバイス

*

法律事務所アルシエン

武内 優宏 弁護士

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-12-1虎ノ門第一法規ビル7階

TEL:03-5510-8255
WEBサイトはこちら

遺言書は貸金庫に保管してはダメ。

こんにちは。法律事務所アルシエンの弁護士の武内優宏です。

たまに「遺言書は大切なものなので『貸金庫』に預けましょう。」とHPなどて書いている専門家もいます。しかし、それは間違いだと思います。
銀行の貸金庫は、契約者が亡くなると全ての相続人署名・捺印、印鑑証明、亡くなった方が生まれてから死ぬまでの戸籍を揃えて提出しないと開けてもらえないことが多いです。
そうすると、せっかく遺言書を書いても、貸金庫を開けるためだけに遺産分割協議と同じ労力が必要になってしまいます。
それに、相続人の印鑑証明や戸籍を集めたりするのに時間がかかってしまい、遺言書が発見されるまでに何カ月もかかってしまうことだってあります。
遺言書は亡くなったあとすぐに発見されるような場所に保管しておいた方がよいでしょう。

2013年4月1日 寄稿